アイピルが有効的に使える時間

アイピルは、俗に「モーニングアフターピル」と呼ばれる種類の避妊ピルで、通常の避妊ピルとは使い方がかなり違っています。このアイピルは、避妊をしたのに途中で失敗してしまったといった、かなり緊急性の高い場面においてのみ内服することを意図してつくられたピルです。
アイピルが避妊に失敗した後で有効的に使える時間としては、その行為があったときから72時間後までとされています。アイピルは女性ホルモンにあたる物質が配合されている錠剤であり、この時間内に服用することによって、女性の排卵を防止するとともに、受精して子宮に着床するのを妨害するはたらきが期待でき、早めに服用ができれば、それだけ妊娠してしまうリスクは低くなります。
実は、一般的な避妊ピルであっても、このように緊急に妊娠を阻止するための使い方というのがあり、具体的にはこの72時間以内に1錠、さらに12時間の間をおいて1錠のピルを服用するというものです。ただし、この一般的なピルによる方法では避妊失敗の確率も高いといわれています。アイピルであれば、72時間以内に1錠を服用するだけで済み、しかも一般的な避妊ピルよりも効果が高く、副作用も少ないとされています。
この72時間という数字は、排卵されてきた卵子が受精をして、卵管を通って子宮に移動するまでの時間にあたり、この間に有効な措置がとれなければ、逆に妊娠してしまうおそれは高くなります。
アイピルは、このような女性の危機を救うすぐれた医薬品であるのですが、残念ながら国内では薬局の店頭などに棚置きされているような手軽なものではありません。そのため、緊急に避妊が必要な場合には、直ちに産婦人科などを訪れて、専門医に処方してもらうというのが一般的方法になります。