排卵を遅らせたりする効果のあるアイピルと健康保険

妊娠を望んでいないにもかかわらず、性行為中にコンドームが破れたり、パートナーが避妊してくれなかったり、安全日を勘違いしていたり、無理矢理、行為に及ばれたりすると不安になってしまうでしょう。
しかし回避する手段はあるので安心するようにしてください。
その手段というのはアフターピルを使用することなのですが、中でもアイピルは、有名なノルレボのジェネリック医薬品なので効果が高く、安価で手に入れることが出来ます。
アイピルを妊娠の緊急避妊薬として使用している方は多いので、いざというときのために、手元に置いておくようにしましょう。

アイピルは排卵前なら、排卵を遅らせたり、排卵を止める効果がありますし、子宮頚管の粘液を変化させ、子宮内に侵入しようとする精子を防いだり、万が一排卵が起こった場合でも、受精卵の子宮への着床を阻止することが出来ます。
アイピルは性行為のあと、体内に入るのが早ければ早いほど効果が高くなるので、望まない妊娠をしたくないときは、スピーディーに服用しなければなりません。
24時間以内に服用すると、ほぼ確実な予防効果があるといわれているので、妊娠したくないときは急いで飲むようにしてください。
ただしアイピルには中絶効果はないので、受精卵がすでに子宮内膜に着床された場合は服用しても効果はなく、妊娠することになります。
また、ピルは基本的に健康保険がききませんから、病院で処方してもらうと、高い料金を請求されますが、処方箋のいらない個人輸入代行通販を利用すれば、健康保険を使わなくても安く買えるのでおすすめです。
健康保険がきかないので、病院には行きたくないと思っていた方は、個人輸入代行通販から手に入れるようにしてください。