避妊は女性だけがすることではない

男性と女性が性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。夫婦や将来を約束しあっている人たちであれば、嬉しいことですが、全ての人がそうとは限りません。ですから、子供が出来たら困るという場合には、避妊をする必要があるのです。
避妊の方法としては、日本において男性のつけるコンドームが一般的ですが、ほかにもゼリーやフィルムといった殺精子剤やIUDやペッサリーなどもあるのです。また、女性が自分の身を守るためにも使う低用量のホルモン剤であるピルもあるのです。
しかし、実際には避妊をしていても、失敗してしまうこともあるかもしれません。コンドームが破けたり、望まない性交渉を強いられたりしたら、困惑することでしょう。
そういったときに知っておきたい緊急用の避妊薬として、アフターピルというものがあります。中でもリーズナブルで人気があるのが、アイピルです。こちらは、できれば早く服用したい薬ですが、通常72時間以内に服用するように勧められている薬です。できてしまった受精卵も子宮内膜に着床しないようにする中用量のピルになります。
アイピルは1錠あたり、千円程度で購入できることも多く、まとめ買いをすればお得に入手できます。しかし、アイピルをはじめとしてアフターピルは、日本の法律上は医療機関で医師による処方か、海外からの個人輸入に限り、認められているものなのです。
低用量でも中用量でもピルは避妊の効果が抜群の薬ですが、気分が悪くなるなどの副作用もあります。女性だけに負担をかけて避妊をするだけでなく、男性も性感染症の予防にも効果的であるコンドームを着用するなど、二人が協力して望まない妊娠を避けるようにしていきたいものです。